流産確率(りゅうざん かくりつ)




妊娠流産確率

流産の確率は意外と多く妊娠全体の約15%にもなります。10人1人~2人の割合で起こる可能性あると言われています。
以下のように年齢によって流産率は異なります。
・35歳:20%
・40歳:40%
・42歳:50%
平均は15%になりますが、年齢が上がるにつれて確率は高くなる傾向があります。
確率は10代から35歳まではほぼ横ばいで35歳以降から急上昇を始めます。
不妊・不育症外来を訪れる人は37歳~38歳が多く、流産率は1/3以上ということになります。

心拍確認後流産確率

統計として公開されているものは年齢別の流産確率になります。心拍確認後の確率だけを算出するのは難しいのではないでしょうか。
なぜなら、流産した回数によって次回妊娠における確率は変動します。
たとえ心拍確認後だったとしても流産経験が多い女性は確率は上がるという統計があります。
流産経験値によって値がかわるので、どうしても年齢別の確率といったようなザックリとした流産確率しか算出できないのではないでしょうか。

妊娠初期流産確率

統計として公開されているものは年齢別の確率になります。上記の心拍確認後流産確率と同様に妊娠初期の流産確率だけを算出するのは難しいのではないでしょうか。
なぜなら、流産した回数によって次回妊娠における確率は変動します。
たとえ心拍確認後だったとしても流産経験が多い女性は確率は上がるという統計があります。
流産経験値によって値がかわるので、どうしても年齢別の確率といったようなザックリとした流産確率しか算出できないのではないでしょうか。

流産確率週数

心拍確認後流産確率・妊娠初期流産確率と同様の理由で算出が難しいと思います。

流産回数と次の妊娠における流産率

1人生児(※1人子供がいる)がある女性
0回:12%
1回:24%
2回:26%
3回:32%
4回:26%
6回:53%
生児(※子供)がいない女性
2回以上:40%~45%